読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

canashiroのブログ

はてダ挫折者の再挑戦。

シンゴジラについて

シンゴジラについては何を語ってもネタバレになりそうなので老骨にムチを打ってブログを書きます。

シンゴジラについて何を語ってもネタバレになると僕が感じたのはつまり、このシンゴジラが徹頭徹尾「演出を楽しむ」映画である感じたことに付きます。
已にネット上に幾つか記事があがっているように、コレを憲法9条にからめて見ることもできるでしょう、東日本大震災原発事故にからめて語る事もできるでしょう。しかし、これは、その要素はスパイス程度にいれてあるのであって、本題ではないのではないでしょうか。
つまり、ゴジラである以上多少は放射性物質、科学的文明への警鐘要素がなくてはならないという要請から来るものであって、監督以下スタッフが本当に描写したいものではないのです。

監督以下スタッフがやりたかったことはなにか。それはつまりゴジラを撮るということだろうと思います。だかその上で上述の要素は不可避だった。だから入れた。それ以上でもそれ以下でもないと思います。無論、それを深読みすることは受けての自由ですが。

そして、もう一つ、シンゴジラの成功?の立役者は樋口真嗣であるということも僕は強く感じました。これまで樋口真嗣ローレライ以下、オタクに叩かれながらも日本映画の中に特撮的な映画を作ってきました。それも興行収入面でそれなりの成功を収めつつ、です。彼は特撮的文脈を一定程度確保しながら、興行面で求められる要素をきちんと入れた映画をつくってきた。彼は庵野秀明がシンゴジラの総監督を務められるだけの下地づくりを行ったというべきだろうとおもいます。

もちろん、シンゴジラを「エヴァ的なもの」として語ることはできます。でも僕はエヴァ狂信者として敢えて言いたい。あれは庵野的なものであって、エヴァではないと。世の皆さんがエヴァに何を求めているかはわかりませんが、私はシンゴジラ庵野秀明の演出的な手腕は見出しこそすれ、ごく狭義の「作家性」を感じませんでした。彼はこの作品においてあくまで面白い特撮をとろうと言うことに徹したと思います。そして、本来あるべき監督の職務を果たしたと思います。一方で次のエヴァンゲリオンでこんな大人しい、大人の仕事をしたらゆるさねーぞ、という思いがあることを告白します。*1

ともあれ、いまのところ、特撮ファン、オタク層には好評なようですが、映画の日の月曜日に僕が行った劇場では決して動員が良いとはいえませんでした。オタクは概ね公開からスグに映画館に行くものです。次の週末以降、この映画がどのような興行収入を達成するのかは、興味深く見守って行きたいと思います。

*1:大人げない作品をつくっても許しません。僕は彼がどんなエヴァンゲリオンをつくっても決して許しません。

やっぱりお湯割りが一番という話。

ぐっと涼しくなりまして、僕も久々に焼酎をお湯割りにしました。若い頃はロックがメインでしたが、大学院生のころ、一緒の研究室になった酒乱の男が僕にお湯割りを教えまして、それ以来ずーっとお湯割りを呑んでいます。真夏でもお湯割りを呑む時もあります。クーラーの聞いた居酒屋なら、間違いなくお湯割り。

もう、極端なことを言ってしまえばお湯割りって、お湯がツマミで焼酎が酒っていう感じの飲み物です。非常にやわらかで、ほんの少しの塩でもあれば無限に飲めてしまいそうな優しさがあります。少しぐらい飲み過ぎても、蒸留酒だから、次の日も安心(かもしれない)

とはいえ、お湯割りを作るのにも幾つかコツがあります。よく言われるのは注ぐ順番。お湯が先で焼酎が先。これで滞留で混ざってくれて、お箸なんかでくるくる回す無作法なしに美味しいお湯割りが飲めます。次に、お湯の温度。これは80度〜85度が良いそうですが、僕の場合はグラスに氷を1つ2つ入れてから、沸騰したお湯を注ぎます。これで大体ちょうどいい温度になる。80度のお湯って用意するのが面倒ですからね。

お湯割りといえば芋焼酎と言われてますが、貧乏人の味方甲類焼酎や、麦焼酎でもぜんぜん問題ありません。そば焼酎ならそば湯割なんて洒落こんでみてもいいでしょう。米焼酎なんて癖がないのでどうのんでも美味しいですよ。本当は芋焼酎の前割燗付けがいいんでしょうが、あいにくとやったことがありません。冷静に考えたら適当な容器で割っておいて、鍋とかで熱を加えてもいいんですよね。今度やってみようかしらん。

お湯割りを呑むなら陶器の器がおすすめです。耐熱ガラスでもいいですけど、湯のみみたいな素焼きの陶器が一番いいと思います。厚めの縁が口に触れる感覚も優しいですしね。同じお湯割りでもホットウイスキーなら、取手をつけたガラスグラスでいただきたい気持ちになります。ウイスキーにはお湯で割っても褪せない自己主張がありますから、陶器のグラスの厚さがやぼったくなっちゃいます。

いろいろと言いましたが、お湯割りなんて利酒師みたいな味覚に敏感な方々からすれば邪道な飲み方何だと思います。でも、やっぱり、お湯割りがすき。それが九州の呑兵衛ナンだと思いながら、今日のところは寝ようと思います。

和膳は偉いと思いました、という話。

私は自他共認める酒呑み、所謂呑兵衛であるが、肴ぬきで酒だけを呑むということは殆どない。食べることと呑むことが直接的に結びついているがゆえに、夕飯を食べると自動的に酒が呑みたくなるという感じ。本物の酒呑みのように焼酎だけを呷るということは殆ど無い。

そういうわけで、貧乏舌ながら肴と酒の組み合わせというのものを一応は意識しながら酒を呑むことが多い。揚げ物には炭酸系の酒であったり、燻製には同じくスモーキーなウイスキーをあわせるなど、拙い舌と寒い懐ながら色々工夫しながら楽しんでいるわけだ。

その中で、どうしても悩ましいのが、コース予約の呑み会だ。まずは前菜、それほど気取った店でなければ前菜がわりとばかりに刺し身が飛び出してくることが多い。懐石料理の向付けであろうが、私にとってはどうも座りが悪い。というのも、私も古き良き昭和生まれらしく「とりあえずビール」派だからである。最初のジョッキを飲み終わらぬうちに出てくる刺し身にどうしていいのかわからなくなるのである。最初はビールで喉の渇きを潤したい。ビールを呑むからには、できれば揚げ物、最低でも味の濃いものが食べたい。でも、コースの最初はさっぱりとした前菜か刺し身である。このジレンマはビールを飲みだしてから今に至るまでの悩みであった。

正直に言えば、喉の渇きと前菜への対処が両立する酒がなくもない。蒸留酒の炭酸割り、すなわちハイボールとチューハイである。チューハイは甘いものではなく、辛口の、できれば甲類を炭酸でわっただけのものがよい。そこに香りづけの柑橘類でも絞ってあれば十分だ。ただし、これから初める宴会というのはちょっとだけ寂しい気持ちになるし、なによりも負けた気になりませんか?

そんな中、我々にもたらされた救世主がサントリーの「和膳」なんですよ。このビール、「和食にあう」というキャッチコピーの通り、刺し身にも合わせられるさっぱりとしたビールです。炭酸で口の中を洗い流すっていうのとは違う、なんだろう、シャンパンみたいな感じのビールです。シャンパンを合わせるシーンで合わせてもなんとかなるんじゃなかろうか、みたいな。なによりも、(僕が知りうる限り)外国産のビールとは一線を画する新しいビールなのが偉いと思います。日本でしか作り得なかったビールというか。

刺し身に合わせるビールという消極的な立場とは全く別に、天麩羅に一番あうお酒、いや一番あう飲み物であるとも言えましょう。実際に合わせたことはまだ無いんですが、間の前であげてもらえるような天ぷら屋さんで、海老の天ぷらと和膳というのは最強の組み合わせだと思います。タラの芽の天麩羅でもいいでしょう。とにかく、天麩羅という揚げ物でもあり、和食でもある食べ物に一番あうのは和膳であると言い切ってしまいたいと思います。ラインナップにはないと思われますが、サントリーは今直ぐ全国の天麩羅屋さんに、和膳の樽を営業してまわるべきです。

というわけで、大手メーカのビールとは思えない大胆な味わいの和膳を皆さんも一度試してみては如何かと思います。おそらく、上記の賛辞とは裏腹に、短期間で売り場から消えるだろうと思いますから。

(ネタバレ)劇場版アイドルマスター 輝きの向こう側へを見た話。

映画の日と土曜日が重なったこともあって、アイマス劇場版みてきました。
弊方は、一応原点であるアケマスを触ったことだけはあって、1は途中まで(家にはあるんだけど)、SPを2周、2は触ってもないという状態。アニマスも再放送で見ていてまだ途中。グリーのミリマスだけはちゃんとやってるぐらいの感じです。
そういう感じのぬるいプロデューサーな私からみてもですね、この度の映画というのは非常に出来が良かったというか、アイマスの歩んできた10年というものがきちんと出ていてよかったと思います。ラスト近くのライブシーンはですね、紆余曲折を経て、あそこに至ってる感じが非常によく出ていたと思います。どこかで言われてましたが、初見の人には二時間の結晶に、どっぷり訓練されたPには十年間の結晶にみえる非常によく出来た映画だと思います。それと同時に、十年の間に失ってしまったもの。それは即ちアイドルとしての秋月律子なんですけども、これをきちんと練習風景という形ではあるものの、一緒に踊らせてあげたというのもグッとくる演出だと思いました。なにより、このときに新曲を使わなかった心意気ね。

それ以上に、本当に感動したのはですね、「アイドルとはなんなのか」というものに、春香なりの答えを出したことだと思っています。この演説シーンがですねぇ、非常に感動的でしてね、正直会社の後輩と一緒に見に行ってなかったら泣いてた可能性があります。年をとって涙もろくなって嫌ですね。ただ、アイマスをプレイして、見ていてずーっと感じていた「これってアイドルなのかな」という疑問に対する一つの答だったので個人的にはすとん、と胸に落ちてきましたよ。本当のアイドルがどういうものなのかは知りませんけど。

そして、このシーンが感動的になる前振りとしてですね、プロデューサーの存在感のなさがあるんですよ。正直、合宿途中からプロデューサーほとんど仕事してないですからね、やってるのは英会話の勉強ぐらいですよ。この部分は人によって賛否両論有ると思うんですが、このプロデューサーから春香への権限移譲によって、アイマスが少女たちの群像劇になってて、僕は大好きでした。基本的にゲームのアイマスってプロデューサー対アイドルなんですけど、ことアニマスに関しては積極的にアイドル同士の掛け合いが描かれてて良いと思ってたんですが、それの極北がここにあった気がします。(ふと思ったんですが、各種ドラマCDでは已にそれが達成されていたのかもしれません。正直、聞いたこtないんで、そこはわかりかねます)少女の群像劇は本当に大好物なんで、今後共是非、ミリマスいりでですね、地上波をやっていただきたいと、切に思っておりますのでひとつ。
あ、それで一つだけどうしても気になったことがあってですね。ミリマスから出演の矢吹加奈って子がですね、この映画のもう一人のヒロイン的ポジションなんですね。ただ、この子はミリマス本編だと「千早にあこがれている」という設定なんです、音痴ですけど。でも映画では徹底して「春香にあこがれてアイドルを目指した」子になってるんですね。この辺り、どうでしょう。正直、加奈じゃなくて、春日未来とかですね、他にもあのポジションをこなせて、春香にあこがれてもおかしくない子は居たと思うんですよね。その点だけが、ちょっと腑に落ちなかったです。あと、志保はストーリー上、非常に貧乏くじというか、嫌われ役になっちゃってますよね。これもミリマス本編では已に成長して次のステップへ移行している描写があるだけに、なんというか、こう、ちょっと可哀想でした。

ただ、総じて非常に良い映画だと思いますので、もし迷っている方が居ましたら、見ておいて損はないかと思いますよ。

たこ焼きパーティーをした話

昨晩、たこ焼きを焼いて食べた。

我が家にはずーっとたこ焼き器があった。私が最初にたこ焼き器を手にしたのは独り暮らしを始めたとき、大学院に入学したときだから8年前だ。私と入れ替わりに大学院を卒業する先輩から賞味期限の切れた袋ラーメンと一緒にもらったのを覚えている。それからずっと、家にはたこ焼き器があった。だけれども、たこ焼きを焼いたのは昨晩が始めてだ。なんで捨ててないんだ俺、間に2回の引っ越しを挟んでいるのにまだ持ってるなんてちょっと病的じゃないか。

そんなわけで、電源がはいるかどうかも不安だったのだが、ON/OFFスイッチしかない単純さが功を奏したか、無事にたこ焼きを焼くことができた。たこ焼き粉というものを利用したので調理も頗る簡単だった。このたこ焼き粉はお好み焼き粉とはまた違うものらしくって、想像だが、カリッと焼き上がりやすいように調整されているのではないか。私が子供の頃に食べていたたこ焼きはもっと柔らかかった気がするが、最近のものは表面がカリッとしてあるのがブームなようで、昨晩のたこ焼きも傾向としてはカリッと系であった。

中にいれる具材であるが、たこ焼きパーティーの御多分に洩れず、タコ以外も中に入れてみた。この中で、特筆すべきはチーかまであった。お好み焼きにもチーズを入れることがあるし、基本的に粉物とチーズの相性は良いものと思う。チーズのみ、というのも試したのだが、たこ焼き(のようなもの)の中にチーズだけだと、柔い+柔いであって、コアが無い感じがして寂しいのだ。その点、チーかまであればチーズの味がしながら、魚のすり身が食感を担保してくれて頗る具合がいい。今後、たこ焼きパーティーの開催があればチーかまはマストである。

そして、いろいろ食べたなかで、やはりタコの存在感というはいい。たこ焼きが発祥して何年になるか知らないが、短くない期間を経てなお、たこ以外が変わり種の域を出ずに圧倒的王道として君臨するだけのことはある。良いのは食感なのだ。外はカリッと、中はとろっとした食感の最後に、コアとしてクニッという食感があると安心出来る。イカだともう少し硬すぎる気がするし、エビのプリッでも弱い気がする。(試してないので案外いけるかも)

たこ焼きに合わせる酒としてはまぁ、ハイボールがいいんじゃないかという感じ。たこ焼きをメインにして酒を飲むっていうのは始めての経験だったのでなんとも言えないけど、やっぱり炭酸系じゃないかなぁ。明石焼きのように出汁で食べるなら日本酒も行けるかもしれない。あ、白ワインなんか呑む人ならソレも良いかもしれない。私が普段よくのむ芋焼酎お湯割りなんかはあんまり相性よくなさそう。悪いってほどでもなかろうが。

 

アサヒのドライプレミアムを褒めるエントリ

一年半ぐらいあいてますけどしれっとはじめますね。

ドライプレミアムが美味しいです。これはアサヒがお中元・お歳暮用に売り出してるプレミアムビールで、スーパードライをそのまま金色にしたような缶に入っています。セブン-イレブン限定で販売されてるアサヒのザ・エクストラも似たようなデザインで売り文句モ似ているので非常に紛らわしいですが、別物です。

今日はドライプレミアムの話です。これがですねぇ、入手が困難ながら普通に旨いんですよ。スーパードライより格段に味が濃い、でも日本で言う「ビール」の範疇で綺麗に収まっていてバランスも良い。プレミアムビール!って肩肘はって呑む感じでもないんですが、「あぁ、美味しいビールですねぇ」って笑顔になれる味。ドライをどっしりとさせた感じなんですが、クラフトビールとかみたいに「これ、ビールかな?なにか違うお酒かな?」ってところまでは言ってません。あ、この記事における「ビール」って単語は日本の大手メーカの出してるピルスナーという意味での「ビール」です。とにかく、その範疇の中では個人的には一番旨いとすら思います。なかなか手に入らないプレミアム感が沿う感じさせるのかもしれませんが。

夏はバーベキューをやるタイミングで箱買いして試したのですが、今回はコンビニでバラ売りしているのを手に入れました。他にスーパーでも見かけましたので、売れ残りがバラ売りされているかもしれませんので、要チェックです。

そんなプレミアムドライも一般販売が始まるとのこと。ただし、アルコール度数が5.5から6%に若干上昇するとのことで、レシピ自身も多少変わるのだと思われます。今、冷蔵庫に2本残っていますので、一般発売まで残しておいて、飲み比べしてみたいと思います。

次のエントリはその味比べだといいですね。(もっとはやければもっといいか)

秋味を褒め称えるエントリ

朝晩が随分と涼しくなりましたね。

この頃にでてくるのが、キリンの「秋味」。麦芽がウン倍つかわれてるとかなんとかの、まぁ、もう十年以上は続いているであろう伝統の秋ビールです。もっというと、季節限定ビールの先駆け、といってもいい。

ビールというと、ドラフト、樽生が一番みたいな風潮がこう、あるわけですよ。でもね、秋味の樽生があったとして、やっぱり瓶のほうがいい。ジョッキじゃなくてグラスがいい。グラスなんて洒落てなくていい、コップでもいいですよ。そのね、グラスも冷えてなくていいんですよ。まぁ、冷えてて悪いわけじゃないですけど。

秋の夕暮れ、ちょっと涼しくなってきたな、と思いながら居酒屋に入るわけです。先月までなら、とりあえず生!なわけですが、店内に秋味の広告がはってある。お、もうそんな季節か、と思いながらそれを頼みましょう。瓶とコップが出てきます。最近、瓶ビールなんて飲んでなかったでしょ?懐かしい感じ。一人なら手酌で。連れがいればお互いにつぎあって、さぁ乾杯。カンパーイ!と夏のジョッキみたいに勢いよくやらなくていいんです。お疲れ様、とグラスが触れるか触れないかぐらいの乾杯をやりましょう。

飲むときも、ジョッキみたいにグビグビグビと勢い良くはいきません。まぁ、グラスですから大した量も入ってないし、ゴクッと一口分だけ飲みましょう。そのまま喉に流し込むような呑み方ではなく、一旦口に貯める感じで味わうと、じわっと炭酸の刺激と苦味。そしてゴクッと飲みこんだあとに残る余韻。ほら、宣言までのドライなビールとちょっとちがう、秋味ですよ。

別に店でなくたっていいんです。家でも飲みましょう、秋味。瓶ってーと、後処理もりますから缶でいいです、缶で。家ですから肩肘はらずにいきましょう。季節限定ですから、まちがっても生産から日にちがたって鮮度が落ちてるものはありませんから、神経質にならず、コンビニかスーパーで買ってきましょう。んで、あとは居酒屋の時と一緒です。ジョッキじゃなくてグラスでね。

で、つまみも秋らしくいきましょう。夏は焼肉やらフライドポテトやらの脂っこいやつをビールで洗い流す感じですが、ビールも味が濃いですし、うまみ+うまみのコンボで行きましょう。鉄板なのはさんまの塩焼き。旬のものですから、生さんまでいきましょう。あとはね、しいたけなんかのきのこ類も焼いちゃいましょう。しいたけをひっくち返してじっくりやいてね、あの傘の内側にちょっと醤油なんか垂らしたのといっしょに行きましょう。

おっと、長くなりましたが、秋味です、秋味。類似品の秋楽やら秋宵でもいいですけど、量を呑むもんでもないし、贅沢して秋味にしとくのが粋ってもんです。